LCC(格安航空会社)

LCCについて

LCC (Low Cost Carrer)は、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、
低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社です。

LCCでは、機内食やドリンク、預ける荷物についても有料の場合が多く、
必要なものに応じて、その対価を支払う場合がほとんどです。
また、発着する空港についても、大都市のメイン空港を使うケースもあるが、
LCCの多くは、大手航空会社が使用する空港ではなく、郊外にある空港を
活用することで着陸料を節約しています。

日本に就航しているLCC

LCC 就航路線
ジェットスター (Jetstar) 成田 - ケアンズ - シドニー
成田 - ゴールドコースト - メルボルン
関空 - ゴールドコースト - メルボルン
関空 - ケアンズ - シドニー
ジェットスター・アジア (Jetstar Asia) 関空 - 台北
関空 - シンガポール(台北経由)
エアアジアX (Air Asia X) 羽田 - クアラルンプール
セブ・パシフィック航空 (Cebu Pacific Air) 関空 - マニラ
春秋航空 茨城 - 上海
高松 - 上海
佐賀 - 上海
エア釜山 (Air Busan) 成田 - 釜山
関空 - 釜山
福岡 - 釜山
済州航空 (Jeju Air) 関空 - ソウル/仁川
関空 - ソウル/金浦
関空 - 済州
名古屋/中部 - ソウル/金浦
北九州 - ソウル/仁川
イースター航空(EASTARJET) 成田 - ソウル/仁川
関空 - ソウル/仁川

日本のLCC

ジェットスター(Jetstar)
JAL(日本航空)、オーストラリア・カンタスグループ、三菱商事の共同で設立された格安航空会社 (LCC) です。

ピーチ(Peach)
ANA(全日本空輸)と香港の投資会社による関西国際空港を拠点とする格安航空会社 (LCC) です。

エアアジア ジャパン(AirAsia Japan)
マレーシアのエアアジアとANA(全日本空輸)による成田空港を拠点とする格安航空会社 (LCC) です。
→ 2013年11月1日から「バニラ・エア(Vanilla Air)」に社名変更。エアアジア・ジャパンは10月26日で運航を取りやめ、12月下旬にバニラとして運航を開始する予定。

ヨーロッパのLCC

ライアンエア (Ryanair)
アイルランドが本拠地。ヨーロッパ最大のLCC。
格安運賃を武器に瞬く間に規模を拡大し、現在ヨーロッパのLCCの中では
最大の航路ネットワークを展開している。

イージージェット (easyjet)
イギリスが本拠地。ヨーロッパでメジャーなLCCです。ヨーロッパ全土に路線網を持つ。

エアベルリン (airberlin)
ドイツが本拠地。ヨーロッパでメジャーなLCCです。
ベルリン、デュッセルドルフ、ミュンヘン、ニュルンベルク、ケルンなどを中心に、
ヨーロッパ各都市に多く就航するほか、アフリカにも就航している。

アメリカのLCC

サウスウエスト (Southwest)
アメリカ(西海岸・中部が中心)を本拠地とするLCC。
2007年、アメリカで6位、世界で8位の規模を誇る。
アメリカ西海岸や中部を中心に比較的短距離の路線が多いのが特徴です。

ジェットブルー (JetBlue)
アメリカ(東海岸・西海岸・大陸横断)を本拠地とするLCC。
最近路線網を急速に拡大し、シートテレビが各座席に設置されており、
更に衛星放送がライブで見られるなど、機内でも快適に過ごせるLCC
として人気を集めています。

ヴァージンアメリカ (Virgin America)
アメリカ(西海岸・大陸横断)が本拠地。イギリスのヴァージングループが設立したLCC。
こちらも全席にシートテレビを搭載しており、LCCとしては珍しく、ファーストクラスも
設定しています。機内もスタイリッシュなデザインになっています。

アジアのLCC

エアアジア (Air Asia)
東南アジアのLCCの中でも最も注目度が高いエアライン。
マレーシアのクアラルンプールを拠点に東南アジア内だけでなく、
オーストラリアへも路線を持つ。
2010年12月9日に羽田−クアラルンプール路線を就航。

タイガーエアウェイズ (Tiger Airways)
シンガポールを拠点に東南アジアを中心に運航しているLCCで、
シンガポール航空も資本参加しています。最近ではオーストラリアのメルボルンにも
拠点を置くようになり、オーストラリアの国内線へも進出しています。

ジェットスターアジア (Jetstar Asia)
カンタス航空の子会社として2003年に設立。バリューエア(Valuair)と合併し、
路線網を拡大した。シンガポールを拠点に片道5時間以内の目的地に就航している。

春秋航空
中国のLCCで、上海虹橋国際空港をハブ空港としている。
茨城−上海、高松−上海、佐賀−上海路線を就航している。

オセアニアのLCC

ジェットスター (Jetstar)
カンタス航空が格安航空会社のヴァージン ブルーに対抗するため設立した完全子会社。
オーストラリア国内線だけでなく、国際線にもカンタス航空から路線を継承し、積極的に進出。
成田 - ケアンズ - シドニー、成田 - ゴールドコースト - メルボルン、
関空 - ゴールドコースト - メルボルン、関空 - ケアンズ - シドニー路線を就航。

ヴァージンブルー (Virgin Blue)
イギリスのヴァージングループによって設立されたオーストラリアの国内線LCC。
低価格運賃を武器に、あっという間にオーストラリア国内線でのシェアをアップするなど、
オーストラリア国内線の仕組みを変えた航空会社です。

関連ページ

航空会社・アライアンスの情報
航空会社・アライアンス(航空連合)に関する情報を紹介しています。

ページトップへ


Copyright (C) eトラベルナビ All Rights Reserved.